AI導入にも補助金が活用できる?!紹介記事にみる業務効率化のメリット

社内のIT化や業務効率化を図るため、さまざまなツールを利用しようと思っても初期費用や月額に導入を迷ってしまうことがないでしょうか。導入すれば、費用やその業務にかかっていた人件費などが軽減されるのがわかっているのですが、先行投資をしづらい企業も多いようです。そんなときは、補助金制度を活用してみても良いかもしれません。AIの発展により、デジタルシフトやDXは政府も積極的に支援を行っています。今回紹介する記事内にもいくつか制度のことが書かれていますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

AIの導入補助や活用事例を掲載

参照元:https://aismiley.co.jp/ai_news/ai-development-introduction-subsidy/

上記の記事では、自社の事業にAIを導入したいと思っている企業に向けて経済産業省の「AI導入支援事業」を紹介。そのほか自治体による支援についても紹介しています。補助金制度の場合は採択率なども気になるところですが、東京都の事例やAIに限らず業種別に利用できる制度にも注目。また、補助金制度の効果や課題も挙げていて、AIを導入しようとしている企業の知りたいことがわかりやすく書かれています。

紹介記事内では一括で資料請求をおこなえるため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

中小企業がAIを活用するメリット

紹介記事でAI導入時のメリットは十分に理解できたのではないでしょうか。もちろん大手企業に限らず、AI導入のメリットは中小企業にもあります。もう一度その魅力をおさえておきましょう。

経費や人件費などのコスト削減が可能

AIによる自動化や効率化は、中小企業にとっても大きなコスト削減につながります。たとえば、AIを活用し自動化を実現しておけば人手不足になった場合、その工程については追加の従業員を急いで雇う心配がありません。

生産性の向上が期待できる

コスト削減にも通ずるのですが、AIを導入して作業プロセスの自動化や業務の効率化ができ、従業員が行うルーチンワークを減らすことができます。人間を介すと間違いが頻発する箇所もミスが減り、生産性が向上して業務をより効率的に行えるでしょう。

カスタマーサポートが向上する

AIの導入は、カスタマーサポートの品質向上が期待できます。自然言語処理技術を活用したAIチャットボットを導入すれば、24時間いつでも顧客に対応できて満足度の向上につながります。また、最近ではQAの自動生成ツールなどもあるので、QAの編集や作成に時間を取られることが少なくなるでしょう。

顧客データの分析が可能

顧客データは、自社の宝です。顧客データを分析するとビジネスの成長につながる有用な情報を得ることができます。たとえば「契約に何日かかった」「利用されている期間」「退会するまでの期間」など人間が分析するには相応の時間がかかるうえ、労力も甚大です。AIを活用すれば、条件を追加していっても大量のデータを高速かつ正確に分析できるでしょう。

新しいビジネスモデルのきっかけが生まれる

AIは、中小企業が新しいビジネスモデルを創出する上で重要なツールと経産省は位置付けています。たとえば、AIを活用したプロダクトやサービスを開発することができれば、市場での競争力や企業価値を高めることも可能なのではないでしょうか。

AIの活用、まずは入力業務の自動化からはじめてみませんか?

業務効率化にAI OCRを初めて検討する方や少ない予算で始めたい方はAI JIMY Paperbotが◎手書き文字にも対応できるAI OCRを使用しているうえに、出力結果を別ファイルやソフトへ自動入力ができるRPAも搭載しています。

また、AI JIMY Paperbotの導入をお考えの方は、IT補助金制度を利用できるようにアドバイスも行っています。まず始めたい方は無料トライアルを行っているので、試してみてはいかがでしょうか。

AI OCRにRPAを搭載したデータ入力自動化ツール AI JIMY Paperbot
参照サイト: https://aijimy.com/

AI JIMY Paperbotを利用するメリット

誰でもカンタンに使用可能

AI JIMY Paperbotは特別な技術知識は不要で、マウスだけの直感的な操作が可能です。RPAツールとの連携や専門知識が必要なAPIなどの開発作業は必要ありません。

ひとつのツールで完結

画像の取り込みから取引先ごとの仕分け、手書き文字の認識、テキストデータの出力、業務システムへのデータ入力まで、一連の作業をAI JIMY Paperbotひとつで自動化できます。

自動でファイル名を変換

1クリックでリアルタイム処理を行い、任意で電子帳簿保存法の改正にも対応したファイル名に自動で変換可能です。

AI類似変換で文字認識が向上

日本語の認識は、手書きも含めてかなり高い精度で変換できます。間違いやすい商品名などの固有名詞は、あらかじめAI JIMY Paperbotに登録しておくことでさらに認識率が向上します。

多様な業務で活用

さまざまな業務で使用が可能です。FAXの受注入力、請求書の集計、手書きアンケートや申込書のデータ入力、作業日報のデジタルデータ化など多岐にわたる業務プロセスをサポートします。

まとめ

補助金を活用してAIを事業に導入する記事を紹介しました。これまで人間が行っていた業務を自動化していくには、多くの投資が必要になるかもしれません。しかし、長期的に考えればコストダウンを図れるうえ、人手不足にも対応可能。さらに今まで変えられなかった業務手順の見直しやミスの軽減もできるでしょう。一度に多くのことを変えてしまうと管理するのも大変なので、補助金を利用しながら少しずつ変革を進めてみてください。

ajp_banner

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次