AI OCR製品導入時の参考にしたい比較選定ポイント

これまで人の手で行っていたデータ入力作業の効率化を行うため、AI OCRの導入を検討する企業が最近増えています。一方で、現在さまざまなメーカーのAI OCR製品があります。今回はたくさんあるAI OCR製品の中で、自社にあったAI OCR製品を探す際、参考にしたい比較ポイントを紹介します。

目次

AI OCRとOCRの利便性における違い

OCRとは、画像データから文字を読み取ってテキストデータとして文字起こしを行う技術です。このOCRにAI技術を組み合わせたものがAI OCRです。AI技術によって、従来のOCR技術から文字認識精度が大幅に向上しました。では、実際の利便性を比べたときに、どのような違いがあるのかをご紹介します。

手書き文字の文字認識

OCRはあらかじめ組み込まれた文字の判別しかできないので、手書き文字への読み取り精度は低い結果となります。そのため、手書き文字の記載があるような帳票に対する文字認識は不向きでした。

AI OCRは、AI技術の学習機能を使い文字認識精度が向上しました。ゆえに、手書き文字に対する読み取り精度も高くなっています。

非定型フォーマットへの対応

OCRはどのフォーマットの中からどの項目を読み取るかを、事前に設定しておく必要があります。領収書や請求書のような発行元でフォーマットが異なるモノを読み取る場合には、設定自体が負担となって不向きでした。

AI OCRでは、非定型フォーマットへの対応が可能です。AIが自動的に文字の識別から認識まで行います。さらに読み取った内容の意味付けもAIを使って行うことができます。領収書のようなお客様ごとに異なるフォーマットの書類を読み取る場合でも、設定は不要のまま使用可能です。

▶AI OCRとRPAが標準搭載!書類のデジタル化からデータ入力まで自動で完了!AI JIMYはこちらから

比較選定ポイント

では実際にAI OCR製品をどのようなポイントで比較すれば良いのでしょう。以下より紹介します。

読み取り精度

AI OCRを選定する中で最も重要視されるのは、読み取り精度です。文字認識精度が100%のAI OCR製品は存在しないので、読み取った文字の確認・修正を行う作業が発生します。読み取り精度が低い場合、人の手による確認・修正作業が頻繁に発生するため、AI OCR導入による効果が低くなってしまいます。従って、読み取り精度の高さは、最も重要視されるポイントと言えるでしょう。

読み取る帳票の形式

AI OCR製品は、定型タイプと非定型タイプに分けることが出来ます。定型タイプとは、読み取る場所や内容の意味付けをあらかじめ設定しておくタイプのOCRです。たとえば発注書や日報など自社で調整できて、同じフォーマットでそれなりのボリュームがある帳票に向いています。

一方、非定型タイプは、あらかじめ文字を読み取りたい場所や読み取った内容の意味付けは設定不要で、AI OCRの中で全て判別し文字起こしを行います。ただし定型タイプと比較すると、読み取り場所を特定する精度が低くなります。たとえば、レシートと領収書など「少量多品種」な帳票に向いています。どのような帳票を読み取りたいのかによって、定型タイプと非定型タイプを選定すれば良いでしょう。

対応言語

AI OCR製品によって、読み取ることができる対象言語が異なります。たとえば、日本語のみ対応している製品もあれば、英語や中国語など多言語に対応している製品もあります。グローバル企業などは多言語の書類が行き交うため、さままざな言語に対応している必要があるでしょう。AI OCR製品を探す際、読み取りたい言語に対応しているかどうかも重要になります。

料金プラン

AI OCR製品を導入するにあたり気になるのが料金プランでしょう。いくら素晴らしい製品でも、導入や維持をするための料金が高ければ、費用対効果が合わないケースもあります。たとえば、月々30枚まで読み取りできる定額制の料金プランもあれば、読み取り項目数に応じて1枚あたりの金額が変動する課金制度もあります。

読み取りたい書類の項目数が多い場合は1枚あたりの金額が数百円以上になるなど、思った以上の費用が発生します。どのくらいの費用が発生するのかは、運用を想定した上で事前に確認しておくと良いでしょう。 

商品名AI JIMY Paperbot*A社
初期費用0円100,000円
月額10,000円50,000円
月間上限枚数*100枚2,000枚
1枚当たり10項目を読込で計算
1枚当たり金額100円25円~
読み取り項目数
による料金変動
なしあり
RPA機能搭載別途連携が必要
無料トライアルありあり

*AI JIMY PaperbotはStarterプランで比較
*月間上限枚数はプランの標準枚数 有料オプションにより枚数が増やせます

比較で紹介したAI JIMY Paperbotは初心者にも使いやすい!

業務効率化にOCRを初めて検討する方や少ない予算で始めたい方はAI JIMY Paperbotが◎手書き文字にも対応できるAI OCRを使用しているうえに、出力結果を別ファイルやソフトへ自動入力ができるRPAも実装しています。無料トライアルを行っているので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

参照サイト: https://aijimy.com/

AI JIMY Paperbotを利用するメリット

誰でもカンタンに使用可能

AI JIMY Paperbotは特別な技術知識は不要で、マウスだけの直感的な操作が可能です。RPAツールとの連携や専門知識が必要なAPIなどの開発作業は必要ありません。

ひとつのツールで完結

画像の取り込みから取引先ごとの仕分け、手書き文字の認識、テキストデータの出力、業務システムへのデータ入力まで、一連の作業をAI JIMY Paperbotひとつで自動化できます。

自動でファイル名を変換

1クリックでリアルタイム処理を行い、任意で電子帳簿保存法の改正にも対応したファイル名に自動で変換可能です。

AI類似変換で文字認識が向上

日本語の認識は、手書きも含めてかなり高い精度で変換できます。間違いやすい商品名などの固有名詞は、あらかじめAI JIMY Paperbotに登録しておくことでさらに認識率が向上します。

多様な業務で活用

さまざまな業務で使用が可能です。FAXの受注入力、請求書の集計、手書きアンケートや申込書のデータ入力、作業日報のデジタルデータ化など多岐にわたる業務プロセスをサポートします。

まとめ

今回は、AI OCR製品の比較選定ポイントを紹介しました。価格面は気になるところですが、どういった機能が必要かという点を重視すると選びやすいのではないでしょうか。事前に導入する目的や実際に使用する現場の状況を把握した上で、選定してみてください。

ajp_banner

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次