Microsoft Storeから無料ダウンロード

他社ツールとOCRの連携も豊富

こんなお悩み まるっと解決!

紙の注文書を
自動でデータ化したい

データ化したいじみまる

FAXをスキャンするだけ。
AI OCRが文字認識
RPAがデータ入力まで完了

各社の請求書を
自動集計したい

自動で集計したいじみまる

AIが登録した情報で
請求書の仕分けを行います

電子帳簿保存法
への対応

電子帳簿保存法の検索要件を満たせるじみまる

電子帳簿の検索要件
「日付」「金額」「取引先」
などの項目を出力できます。

AI JIMY Paperbotなら、
次世代AI OCRで解決できます!


データ入力をまるっと
次世代OCRにおまかせ

現場で扱えるAI OCRとRPA機能を備えた
データ入力業務に特化した自動化ツールです。

伝票の画像取込から文字認識、データ入力まで
OCRでまるっとおまかせ。

RPAツールやAPIなどの開発作業は不要。
ノーコードで現場で運用できる次世代型の自動化ツールです。

AI JIMY Paperbotデータ入力業務のサイクル
データ入力業務のサイクル

30秒でわかるAI JIMY Paperbotの特徴

AI JIMY ブランドムービー

OCRがデータ入力業務をまるっと自動化できるまでに進化

AI JIMY Paperbotはここがスゴイ!


世界レベルのOCR 文字認識精度

CLOVA OCR+独自エンジン  

CLOVA OCRの認識精度は、世界的なコンペティションで計6分野で世界No.1を獲得しています。
(※ICDAR,ECCVでの2022年9月28日時点の実績)

横書きだけでなく、丸く湾曲して書かれた文字や傾いた文字などの悪条件下での読み取り、多言語の認識、専門用語の認識などで高い精度と評価されました。

加えて、弊社開発の独自OCRエンジンを搭載し、データ入力業務に最適化した文字認識技術を実現しました。

データ入力業務自動化の仕組み

OCRだけじゃない、データ入力業務をRPAで完全自動化

RPA機能標準搭載  

認識した結果のデータ入力作業を自動化するには、RPA(Robotic Process Automation)が必要です。

AI JIMY Paperbotには、データ入力用のRPAが標準搭載されています。データの登録業務まで自動化できます。OCRだけじゃない、データ入力業務のプロセスをまるごと自動化することで、業務を完全自動化できるようになりました。

AI JIMY PaperbotのRPA機能

OCR以外も付属し、実現した圧倒的な運用コスト

AIなのに導入しやすい料金体系  

AI OCRの導入が進まない原因の一つがコスト面でした。データ入力に特化したことで、運用コストを下げ、パフォーマンスを最大化できます。従量課金ではなく、定額制で利用できることから年間予算が立てやすくなります。

OCRと仕分けとRPAのコスト比較

データ入力の6STEPを一つのツールで自動化

STEP
画像取込

フォルダを監視し、自動でファイルを取り込むことができます。例えば、FAXが来たことを検知し、リアルタイムに処理することができます。

画像取込

STEP
AI仕分け

複数帳票の同時処理に対応しています。取り込んだ帳票がどの帳票なのか仕分けることができます。

仕分け

STEP
文字認識(AI OCR)

AI搭載のOCRにより、手書きを含む文字認識ができます。チェックボックスやQRコードなどにも対応しています。

弊社独自技術であるAI類似変換により、自社の名称マスタと突合することで、誤認識を極限にまで減らすことができます。

文字認識

STEP
認識結果の修正

認識した文字が間違っていないか、人間が確認・修正する工程を入れることができます。

認識結果の修正

STEP
データ出力

OCRで文字認識後はCSVやPDF形式で出力できます。リネーム機能を搭載し、OCRで文字認識した結果を利用したフォルダ名・ファイル名に出力することができます。

データ出力

STEP
データ入力(RPA)

各業務システムへデータ入力できるRPA機能が搭載しています。OCRで認識した文字データを自動で入力させることができます。様々なシステムインターフェースに対応できます。

データ入力

導入事例

AI JIMY Paperbot についてもっと詳しく知る

よくあるご質問 Q&A


アカウントを作成するとTrialプランは自動で開始されますか?

自動では開始されません。AI JIMY Portalにログイン後、任意のタイミングで開始することができます。

同じ会社で複数のアカウントを作成することはできますか?

問題ありません。

Trialプランが終了すると、自動的に有償プランに移行されますか?

移行されませんので、ご安心ください。
引き続きご利用いただきたい方は、有償プランに関する手続き後ご利用いただけます。

ワークフローとは何ですか?

対象の業務ごとにワークフロー(設定)を構築することができます。
ワークフローごとに取込み作業から複数帳票の仕分け、文字認識、データ出力、データ入力までを一貫して行うことができます。

AI OCRが利用できる枚数はいつリセットされますか?

AI OCRの枚数制限は毎月1日 日本時間00:00にリセットされます。

1つのアカウントを複数の端末で利用することはできますか?

複数台にインストールしていただいて大丈夫です。

プランによって同時に利用できる台数に制限があります。複数の端末を切り替えて利用することは可能です。

複数人で利用しても問題ありませんか?

複数人でご利用いただいても構いません。ただし、同時利用できる端末数に制限がありますので、ご注意ください。

オプションはいくつ購入できますか?

ひとつのアカウントで複数のパックを購入可能です。

オプションの追加パックの利用期限を過ぎた場合、AI OCRの枚数は繰り越しされますか?

繰り越しはされません。

通常のライセンスと追加パックではAI OCRの枚数制限はどちらから先に減りますか?

通常のライセンスの枚数制限から消費されていきます。

お支払い方法は選べますか?

現在は銀行振込のみ対応しています。
お支払いは銀行振込みの場合、ライセンスを付与した当月末締め、翌末払いです。
なお今後、クレジットカードによる定額自動支払いも検討中です。

インターネットへの接続は必要ですか?

必須です。

OCRで利用できる画像の最小サイズはありますか?

AI OCRにより文字認識を行うため、最小幅 1280 px以上が推奨です

24時間利用できますか?

不定期にサーバメンテナンスが入ることがあります。不測の事態がない限り、事前にご連絡いたします。
メンテナンスが入る時間帯は22 : 00 ~ 24 : 00 です。
もし、夜間に実行する場合は避けられることをお勧めいたします。

処理速度が変わることがありますか?

時間帯によっては込み合うことがございます。随時、サーバーの増強も図っていく予定です。

アプリケーションのインストールはどこからできますか?

現在、Microsoft Storeにて公開されています。
AI JIMY Paperbot ダウンロード(MicrosoftStore)

もし、Microsoft Storeからインストールができない方は下記リンクより

ダウンロードしてください。

AI JIMY Paperbot ダウンロード(MicrosoftStoreが利用できない方用)

PCの推奨スペックはありますか?

画像処理をしてますので、16GB以上のメモリを搭載したPCを推奨しています。

導入評価の高いソリューションとしてメディアやビジネスコンテストで評価されました

大阪トップランナー

大阪市が支援する
大阪トップランナー2022年度
第2期認定プロジェクト

「AI JIMY Paperbot」が認定

経営情報11月号に掲載されました

40年以上実績のあるシステム開発会社が運営

AI業務自動化ツールの開発および提供

本社:大阪市北区梅田2-5-6

06-6136-5960

info@seagp.com